隠岐の島町立都万中学校

隠岐郡隠岐の島町立都万中学校のご紹介をいたします。

隠岐の島町立都万中学校                        島根県隠岐郡隠岐の島町都万2533-1
                                         TEL(08512)6-2170 FAX(08512)6-2170
                                          Email:tsumachu@town.okinoshima.shimane.jp
                               HP http://www.town.okinoshima.shimane.jp/kyoui/tsumachu/

隠岐の島町立都万中学校   

 都万中学校は、昭和22年4月に隠地郡都万村立都万中学校として開校し、昭和57年の那久中学校との統合を経て平成6年4月に今の新校舎で授業を行うようになりました、平成16年10月の町村合併により隠岐の島町立都万中学校と改名しました。
 学校の教育目標は「心豊かで、たくましく生きる生徒を育成する」、めざす生徒像は①進取(自ら進んで学ぶ生徒)②友愛(心豊かで思いやりのある生徒)③剛健(心身ともに健やかな生徒)④勤労(協力してみんなのために尽くす生徒)です。
 特に「心の教育の充実」を図るため①ふるさと教育②自然体験・社会体験活動の重視を掲げ、民謡教室や牛突き体験、緑の少年団としての活動、保育所・小学校との交流やディサービスセンターでの民謡・銭太鼓の披露など、地域の文化や伝統の尊重と感性を磨く体験学習を重視しています。
 また、早くから韓国との国際交流学習に取り組んだり、現在では毎日の10分間マラソン、定期的な生徒会活動、全生徒参加の部活動(ソフトテニス部)、学校農園を活用した食育学習など学校文化の創造と発展を目指して取り組んでいます。

 

 文責: 学校生協事務局長 栗原隆寿

 


活動の報告 

     
中学2年生の3学期に植えたジャガイモを3年生になった春に、都万保育所の年長の園児と共に収穫します。収穫後には、ゲームをして交流します。収穫したジャガイモを使い7月には、カレーづくりをします。このときは、地域の食生活改善推進員の方にもお出かけいただき、有意義な交流の場となっています。

都万保育所・小学校・中学校の合同体育大会の一場面です。毎年9月の恒例行事です。今年は、第65回目となる伝統の体育大会です。小学生や中学生が、優しく園児の手を引いたり、おんぶしたりするほほえましい姿がたくさん見られます。 

毎年、秋には、都万保育所・都万小学校・都万中学校の園児、児童、生徒が協力して自分たちの住んでいる校区の清掃活動をします。「都万環境デー」と名付け、地域の方にも参加を呼び掛け、生徒会を中心に取り組んでいます。 
     
国語の時間や総合的な学習の時間等を使い、保育所に出かけて絵本の読み聞かせを行っています。 昨年度、都万地区老人福祉大会では、2年生が出かけて得意の銭太鼓を披露しました。地域の方にとても喜んでいただきました。 平成22年度から緑の少年団連盟に加盟し、自然を大切にする活動にも取り組んでいます。写真は、森林組合の方の協力をいただき、校区の森林で「枝打ち体験」を実施した時のものです。森林を守ることが海をきれいにすることにもつながっていることも学びました。
     
毎年、9月1日には、校区にある「佐山牛突き場」で「八朔牛突き大会」が開催されます。全校生徒で参加(見学)し、地域の伝統文化を引き継ぐことの意義を考えます。   学校の近くの海岸に出かけ、隠岐ジオパークの職員の方から隠岐特有の植生や地質等を学びました。隠岐には世界に誇れる自然や文化があることやそれらを守っていくことの大切さを学んでいます。
平成23年度の夏休みには、隠岐の島町の支援をいただき「東日本大震災」で被災した宮城県女川町の小中学生との交流を実施しました。二泊三日の日程で「銭太鼓」「シーカヤック」「地曳網」などを通し、交流を深めることができました。今も、年賀状等で交流を続けている生徒がいます。

※写真及び、写真の説明文は学校よりご提供いただきました。


学校の周辺(都万)のご案内
  隠岐諸島の中で最も大きな島である島後の南西部に位置し観光地としても有名です。

◎壇鏡の滝(だんぎょうのたき)
横尾山を源流とする那久川の滝で、日本の滝百選に選定されているほか、滝からほど近い水源の湧水は壇鏡の滝湧水として、名水百選に選ばれました。また、隠岐ジオパークを代表する滝でもあります。 

◎那久岬
神功天皇が立ち寄られたという伝説が残る岬。目前に島前が見え、夕日スポット。灯台近隣は、景勝地「那久岬」として遊歩道が整備されています。

◎屋那の松原
樹齢約300年のクロマツが7ヘクタールに及ぶ海岸線に樹立した日本白砂青松百選に選ばれた海岸。伝説では、若狭の国から隠岐に来て800歳まで行き続けたという「やお」という尼が屋那にきて一晩でこの松を植えたといわれています。

マップ
05332